So-net無料ブログ作成
検索選択

綿棒を奥までいれずにどうやって、耳の掃除をすればいいのよ?

脳梗塞? 綿棒を奥までいれずにどうやって、耳の掃除をすればいいのよ?

先日、来院した意味不明な(そんな診断名は存在しない)脊髄硬化症という診断の6歳のパクのユキ君が再診で、来ました。
だいぶ、動きも活発になってきて(痛み止めのたぐいは使用していません 多分使ったほうが良いのでしょう)

中耳炎にたいする内科療法をしているだけで。

なんか、あずかりがあったようで、また性懲りもなくおなじ動物病院のパーティー?へ
預けるんですね。

当院で治療していると言ったら、いつも看ているドックトレーナーが、うちの犬と症状が似ているから、脳梗塞じゃないんですかだそうで。

いっも看ているなら、   脳梗塞は突然発性するわけで(血管が障害する)
盲目、テンカン様発作、旋回運動、昏迷、など等、さまざまな大脳に関連した症状が突発的に起こると思いますが、看てなかったの?  いっも看ているんでしょう?

大体、高齢動物の疾患であり(人でもそうでしょう):ユキ君 6歳: 腎不全からの高血圧、甲状腺機能亢進症、心疾患、腫瘍、その他いろいろな併発疾患から(脱水も最近注意されていますね)
起こるわけで、ましてや進行性の疾患でもなく、(当院で治療するまで徐々に神経症状が進行していた)
なんてったって脊髄硬化症?で徐々に進行してゆくと言われていたわけですしね?

適当なことを、いうな!!

CIMG1487.JPG
ユキ君の耳の中 まだまだですね (内耳炎がおちついたら、耳洗浄したいですね ゆっくりとあせらずに)


動物病院については、存在しない病名をつけて治療していたということは詐欺であり(誤診とも、性質が違います、誤診はうまく正しい診断にもっていけず間違えてしまったということ、今回は存在しない病名を独自に命名したということです ですから明らかに違うものでしょう)
トレナーに関しては、獣医師でもないものが診断、助言をしてなりわいとしているのですからあきらかに獣医師法に抵触しているでしょうし。

もっと笑えるのが、耳の掃除の件で、みえる範囲のみ綿棒で取り、奥は耳垢を押しこんでしまうから、いじらないように、といった印刷物をわたしたのが気に入らなかったのか
じゃあどうやれば奥の耳掃除ができるのかだそうで、今 青森愛犬美容専門学院(トリマー養成学校)の生徒さんが、きているので学校では、どういう風に習っている?と聞いてみたのですが やはり見える範囲のみ、やさしく綿棒で傷をつけないようにとり、奥は耳洗浄剤だけにしているそうで、きちんと正しい方法を教えてもらっていてよかったねと言っておきました。

きちがいには、言葉は通じないということですね。すげースタッフ教育、
洗脳する方法を、教えてほしいものです。

そうやって、トリミングもトレーニング(いっつも看ている うそだね 脳梗塞ならすぐ気がつくだろう 中耳炎ましてや内耳までいきゃ気ずくはず  だいたい外耳炎になったのは、見えない耳の奥までいじくりすぎたからじゃないの?確証はありませんが )

そこが、いいてゆく患者、安くていいから 親切だから (まともに看てなくてもか?)
催眠術なのかな??

*****************************

ついでに宣伝
4月から、トリミング、シャンプーを始めます。
料金など 決まり次第ホームページと 病院の受付に張り出します。
現在、改装中です。

トリミングで外耳炎、中耳炎、内耳炎か しかも不治の病 何10万頭に一匹あるかどうかの、私の知らない、世界の
脊髄硬化症か すばらしい (絶対安静が指示されていたそうで) 
そして 次はトレナーによる診断の脳梗塞 ⇒ リハビリですか (今度は、運動療法ですかね?)

妄信者の動物へ
自分達で病気をつくって 治りゃ 大先生
珍しい不治の病なら、見つけてくださっただけでもありがたい 大先生
儲かるのう~


寝ずに治療しても、死なれて しかも苦しんで(自分の力不足なんじゃないかと考えてしまうし)
本当に、これは正しい治療なんだろうかと悩んでしまうし
家庭の事情からやむにやまれずまた どうしても治せない病気(癌など)で安楽死

死ぬ、動物は沢山いる
おもちゃじゃないぞ こういった連中がいるという現実に、
腹が立つ!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。