So-net無料ブログ作成

膝蓋骨脱臼整復術 [整形]

膝蓋骨脱臼整復術は、そのグレードによって、さまざまでありまた
方法自体も、さまざま沢山 考案され 実施され 細なところの変法までいれると
その術者ごとに、あると思われるほどさまざまです。

最近、私が始めた方法も、様々な先生方たちが考案した方法のエッセンスを随所に取り入れて、作った変法です。


(さっそく買って、聞いています アレンジがだいぶ変わっています
いつまでも、変わらないものと変わってゆくものがあっていいんだと感じました。)

術後 違和感なく歩き出すまで 今までの方法では、だいたいどれも、 早くて1週間 遅ければ2か月 完全に違和感なく歩き出すとなると2か月は要していたように思います。(教科書的にも、そう書かれており 圧迫包帯したり、リハビリをしたりするのも それが普通であり、なんら疑問はなかったのですが)

骨折の手術のほうが、早く違和感がなくなり歩くということは、どこかおかしいのでは、と 
昔 ERという番組の中で、「なんだ?! その切り方は獣医かと思ったぞ!!」
という外科部長先生のセリフがあり 獣医師の手術は、粗いとの意味なんだなと思い 
コンチクショウとさらに丁寧に切開 剥離をするようにして やっぱり 痛みも少なく
快復も早いんだなと、感じましたが 膝蓋骨脱臼整復術については、まあ~ 関節だからなあ~ 
誰に聞いても、だいたい同じだし とあんまり 真剣に考えることもなく手術をしてきたのですが、 ふと なんで術後 痛がるんだろうと考えたとき
はたと、気が付いて 論理的に手術法を再考し、飼い主さんへ頼みこんで 新しい手術を試させてもらったところ、最初は あっというまの再脱臼 再手術という状態で、(恥ずかしい限りですが) ただ術後 痛がらないということだけは、確かで もう少し改良すればと、再手術時の方法を最初から取り入れるようにしてやっと、なんとか1発で(威張れることではなく 当たり前のことですね) 終えられるようになり
しかも、次の日から歩け まったく違和感もなく (ゴリゴリ とか 糸のこすれる感じや 骨のきしむ感じ ) 歩けるという  逆に言えば なんちゅうことをいままで していたんだろうと 侵害疼痛という概念がまったくなかったんだなあ~と 反省するばかりです。

まだ、症例も少ないですし グレードⅢまででしか行っていませんから すべての症例に適応になるかどうかも、まだわからないという手術法で 発表するまでとなれば2~3年は、必要になるんでしょうね。

数例もしくは、1例報告では あまり信憑性もなく ビキナーズラックに過ぎないこともあり、理論的には、正しいはずですが、この方法が本当に良いのか悪いのかは これから、なんだろうと思っていますが

とりあえずは 次の日 歩いていますね

再脱臼もしていません 痛がりません 
CIMG0069.JPG 



ためしに自分の犬で、従来の方法と新しい方法とをそれぞれ左右の脚に別々にしたのですが、従来の方法では やはり教科書道理 再脱臼はしませんが 違和感なく歩くようになるまで 2か月かかりました。 新しい方法では 初めのころなのもありますが すぐ再脱臼しまして、再手術しましたが 違和感はなく 2日目には普通に脚を使っていました。

この方法で、ある程度 の症例をカバーできればなあ~と思うのですが そうも、簡単にはいかないんでしょうね

症例を選びながら、 飼い主さんと相談して試していくしかないのでしょう

以外と、常識と考えていることは 本当はそうではないのかもしれませんね

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。