So-net無料ブログ作成

膝蓋骨脱臼整復術 [整形]

膝蓋骨脱臼整復術は、そのグレードによって、さまざまでありまた
方法自体も、さまざま沢山 考案され 実施され 細なところの変法までいれると
その術者ごとに、あると思われるほどさまざまです。

最近、私が始めた方法も、様々な先生方たちが考案した方法のエッセンスを随所に取り入れて、作った変法です。


(さっそく買って、聞いています アレンジがだいぶ変わっています
いつまでも、変わらないものと変わってゆくものがあっていいんだと感じました。)

術後 違和感なく歩き出すまで 今までの方法では、だいたいどれも、 早くて1週間 遅ければ2か月 完全に違和感なく歩き出すとなると2か月は要していたように思います。(教科書的にも、そう書かれており 圧迫包帯したり、リハビリをしたりするのも それが普通であり、なんら疑問はなかったのですが)

骨折の手術のほうが、早く違和感がなくなり歩くということは、どこかおかしいのでは、と 
昔 ERという番組の中で、「なんだ?! その切り方は獣医かと思ったぞ!!」
という外科部長先生のセリフがあり 獣医師の手術は、粗いとの意味なんだなと思い 
コンチクショウとさらに丁寧に切開 剥離をするようにして やっぱり 痛みも少なく
快復も早いんだなと、感じましたが 膝蓋骨脱臼整復術については、まあ~ 関節だからなあ~ 
誰に聞いても、だいたい同じだし とあんまり 真剣に考えることもなく手術をしてきたのですが、 ふと なんで術後 痛がるんだろうと考えたとき
はたと、気が付いて 論理的に手術法を再考し、飼い主さんへ頼みこんで 新しい手術を試させてもらったところ、最初は あっというまの再脱臼 再手術という状態で、(恥ずかしい限りですが) ただ術後 痛がらないということだけは、確かで もう少し改良すればと、再手術時の方法を最初から取り入れるようにしてやっと、なんとか1発で(威張れることではなく 当たり前のことですね) 終えられるようになり
しかも、次の日から歩け まったく違和感もなく (ゴリゴリ とか 糸のこすれる感じや 骨のきしむ感じ ) 歩けるという  逆に言えば なんちゅうことをいままで していたんだろうと 侵害疼痛という概念がまったくなかったんだなあ~と 反省するばかりです。

まだ、症例も少ないですし グレードⅢまででしか行っていませんから すべての症例に適応になるかどうかも、まだわからないという手術法で 発表するまでとなれば2~3年は、必要になるんでしょうね。

数例もしくは、1例報告では あまり信憑性もなく ビキナーズラックに過ぎないこともあり、理論的には、正しいはずですが、この方法が本当に良いのか悪いのかは これから、なんだろうと思っていますが

とりあえずは 次の日 歩いていますね

再脱臼もしていません 痛がりません 
CIMG0069.JPG 



ためしに自分の犬で、従来の方法と新しい方法とをそれぞれ左右の脚に別々にしたのですが、従来の方法では やはり教科書道理 再脱臼はしませんが 違和感なく歩くようになるまで 2か月かかりました。 新しい方法では 初めのころなのもありますが すぐ再脱臼しまして、再手術しましたが 違和感はなく 2日目には普通に脚を使っていました。

この方法で、ある程度 の症例をカバーできればなあ~と思うのですが そうも、簡単にはいかないんでしょうね

症例を選びながら、 飼い主さんと相談して試していくしかないのでしょう

以外と、常識と考えていることは 本当はそうではないのかもしれませんね

腫瘍とワクチン (脾臓の平滑筋肉腫と狂犬病ワクチン)  [腫瘍]

さて、今年も といいますか
すでに、狂犬病ワクチンや混合ワクチンを接種してしまった方もおられると思いますが。

これからが、本格的に接種しようとする時期ですので、実際 当院であった 世にも恐ろしい事故について語っておきます。

あくまで、予防接種をしてはいけないというふうに、言っているのではないということを、ご理解して読まれてください。

あくまでも、一例であり また 予防接種は必要であり 特殊な事情がない限り まわりの動物への感染源とならないためにも、まわりが接種しているから、自分ところはいいやなどという、まさに身勝手極まりない考えはおやめください。

かかりつけ、の獣医師の(プロと呼べる)意見を参考に判断すべきです。

夕方 5時ごろ 狂犬病のワクチンを接種しに、 シーズーが来院いたしまして、身体検査を一通りして、心雑音もなく、食欲、元気、排便、排尿にも また腹部触診でも異常らしきものはなにも感じなかったので、狂犬病ワクチンを背部腰下の皮下へ1ml 注射いたしました。

夜 7時ごろ 犬が動かなく、元気がなくなったとのことで電話があったので 、(ワクチン反応 = アレルギーでも起きたのかと軽い気持ちで) どうぞ診察してみましょうと来院をうながし ステロイドでも打つかと考えていたのですが、 来院して身体検査をして、真っ青になりました。

可視粘膜は、真っ白 呼吸は少し早く 、まったく うつろで元気がありません 触診でも脈がかすかで、心拍数が速い 、アナフィラキシーとも違うし なんじゃこれは??ということで、
急遽、静脈カテーテルを確保しつつ、 超音波で腹部をあてたところ 液体様のエコー像がみられるではありませんか。 25Gの細い 針で吸引すると 血液です。
つまり、腹腔内に出血があるということで、徹底して超音波で精査すると 脾臓に6㎝大のマスがあり そこから出血しているではありませんか。 
狂犬病ワクチンをうつまでは。まったくへらへらして元気で、見た目はなんともなかったのにですよ!!

aomori1677.JPG
大きい黒い部分は膀胱  そのすぐ下の小さな黒い部分が出血です

すぐ、点滴をはじめ 血圧を上げ 凝固時間もまだ正常 だったので 血小板も10万以上あり、 ダルテパリンを
微量にいれて、状態が落ち着いたので、すぐ 電気メスで皮膚も腹膜も切開(切開モードと凝固モードのプレンデで) さらに中は、大きい血管はPDOの1-0で、結び 断端や大網もすべて、超音波ソノサージでゆっくりと凝固切断し、出血のないことを確認後、 皮下織には滅菌トロンビンをふりかけて、すべて丸針で縫合し、皮膚もナイロンで、大胆にというかおおざっぱに縫い、 スキンステープラーで合わせ、ビタミンk1 7.5㎎/㎏/sc ICUへ酸素投与と保温、体温は術中37.0を切ることもなく。(手術時間は20分 おとなしいというか 動かないので先に毛刈り、消毒をすませて  プロポフォール ミダゾラム ロビノール ブトルファノール導入 セボフルレン 人口換気 局所麻酔に マーカイン使用)覚醒も早くやれやれと思ったのも、つかのまでして、術創からじわじわと、出血してきているではないですか。

aomori1675.JPG
脾臓のマス

圧迫包帯をしてもまったく、効果なし、切開は筋肉を切った覚えもないし、すべて電気凝固モード 、超音波メス
犬はたしかに、元気ですが、血小板がどんどん減っていくのが、血液(にじんだ血)でわかりますし、こりゃDICへまっしぐら、だめかな?と あきらめかけて、 たまたま 血液型の一致する従業員の犬がいたので(古い ブルー十字の検査キットがあり) クロスマッチも問題なかったので、新鮮輸血をたかが、50mlしたところ、 ぴたーと出血がとまりました。 その後も出血傾向はなく、 まあ~ その後は貧血の回復に一か月は要しましたが。


脾臓の病理検査結果がアイデックスから帰ってきまして、 平滑筋肉腫との診断名でして、 コメントによると平滑筋肉腫は血液の凝固障害を引き起こすことは、ほとんどないそうで。

aomori_1676.JPG
病変 盛りあがっている部分は3㎝程度でした

だいたい6㎝程度の、脾臓のやわらかい病変を触診で、探ること自体 不可能?と思われます。(言い訳かな??)

NAHAの講演会で、感染症学の講師が、腫瘍があればどんなワクチンであっても 今回のようなことは起きる可能性はあるとの、見解でした。

ワクチン接種とはいかに、恐ろしいかということがお分かりいただけましたでしょうか?

つまり、外見的に健康だから 大丈夫なんてことは誰にも言えないということです。

もちろん、身体検査もせず 飼い主の稟告だけで ブスブス まとめ打つなんてのは 論外 も 論外 お話にもならないということは、少しはご理解できましたか。(どっかで、やってますよね 全国 つづうらうら 特に黍団子の有名な県では)
 {今年も市広報が来てましたね  去年までは、当院以外の個人の動物病院名も一緒に掲載しまるで、どこぞの団体の私的発行物のようになっていましたがね 事業所税も消費税も住民税も従業員の厚生年金も健康保険料も雇用保険料も所得税も全部、当然支払うべきものはすべて払っているのですが 良くいままで、それがまかり通っていたものですわ、 当院は、これらを免除してくださるという特例でも作ってくれるなら文句はありませんがね もしかしたら 当院は治外法権が適用になっていたのかね 調べておくべきだったか###  

狂犬病についてはいろいろと沢山 書くことはありますが この収入が某団体の収入源であり 市 や 県にまともに入らないというシステム自体がおかしいと言わざるを得ません。 搾取団体は、消えてなくなるべきでしょう。 
以前は、狂犬病予防注射液、そのものもを、青森県で、当院は購入することができませんでした わざわざ 東京の製薬会社から仕入れていたというのが事実です。 3年前 公正取引委員会へ陳情し 公正取引委員会の調べでは、違反事項は見つかりませんでしたとの葉書が1枚届いただけでした。 
しかし、なんとその次の日から 青森の業者から仕入れることが可能になりました。 ドロドロですね まあ~ 
なんにしろ 一歩前進したんですかね  少しずつくだらない利権を変えてゆくしかないのでしょう}


話をもどして

血液検査、調べて フィラリア抗体 陰性だから ?
生化学データーに異常がないから ?

本当に、大丈夫でしょうか  ワクチン接種できる程度くらいには健康といえるのでしょうか?

年 1回  7才以上なら 年 2回 は レントゲン、超音波(特に、腹部 心臓もあればベスト) 中性脂肪を含めた、生化学検査 15項目以上 、尿検査も(取れないときもあるけどね)、 猫なら 血圧も必要かも、
眼底検査、 できれば ドライアイの検査(犬種によっては、また眼に問題のある場合は)、眼圧 (おとなしけりゃの話ですが)

このくらいは、やったらと思いますよ。

どう、思われますか?

飼い主の方の考え方次第でしょう
病気がみつからなかったら、無駄な銭を使ったと考える人になるのか、

  何もなくて、良かったと言える、気持ちの人になりたいですね

(言い訳ばっか言って、めんどくさがらずに、自分も健康診断 受けにいこっと)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。