So-net無料ブログ作成
検索選択
フィラリア ブログトップ

青森市で犬のフィラリア予防が7月からで良いわけ [フィラリア]

犬のフィラリア症にたいする、予防の開始時期が青森市で、7月からで良いのか?

他では 5月、 6月からはじめているのに、本当にそれでいいのかと 言われることがあるので

資料を添付しておきます。

後は、飼い主さん本人の判断におまかせいたします。

別に、4月から始めたかったら、始めれば良いし個人のかってですので強要はいたしませんが、獣医師として科学的根拠と良心から、判断すれば、おのずと答えは明白だと考えます。

CIMG1169.JPG

上の、パンフはノバルスティが、飼い主向け用に作っているものです。

それによれば、犬の場合は感染してからL4になる2週間目に駆除すれば良いということを示しています。
したがって、青森市ですと5月中旬くらいから蚊がみられますから、外気による蚊のなかでの脱皮までの時期も考慮すれば、7月からで、問題ないということになるはずです。 蚊の中でフィラリアが脱皮するまでの気温も書かれていますから、それらも参照にしてください。
なお 猫の場合は、HARD という 別の問題がありますから、L3から持続的に駆除し続けたいので、血中濃度が持続する、レボリューションを青森市では6月からはじめてもらっています。

ついでに、フィラリア予防の前に必ずといって良いほどフィラリアの検査を血液のみで、おこなって大丈夫とお考えになっている方が多いと思いますが、はっきりいって穴だらけの検査といわざるをえません。
まず、検査キットによっては検出率60パーセント程度しかないものもありますし、成績の良いキットでも98パーセントくらいしか検出できません。 引っかかれば良いですが、引っからなくても フィラリア 陰性とは断定できないということになります。

 せっかく血液を抜くのですから年1回は最低でも、健康チェックを兼ねて 他の項目 特に最近は肥満、飽食ですから、中性脂肪を含めて生化学検査、胸部レントゲン、腹部超音波、もしくは尿検査など、ひととおりの検査を受けるべきでしょう。そうすれば、フィラリアに関してはもちろん、別の病気に関しても発見率が高くなるでしょう。

病気の早期発見が、病気の予防につながるということだと考えます。

フィラリア予防して、ワクチンしたから健康ですとは、いえませんでしょう。



フィラリア予防薬について気になる情報 [フィラリア]

フィラリアの予防薬について、気になる情報を入手いたしましたので報告します。

先日とその前の 講演会の時に講師から聞いた話なので、まだ日本での状況は確かめられてはいませんが、
イベルメクチン系のフィラリア予防薬は、アメリカでは効果がなくなっているようであるとのことです。

実際、イベルメクチン系の予防薬を通年投与している、犬のケースで手術になることがある。
ということで、フィラリア摘出用の フジが製作していた(現在 製造中止) フレキシブルアリゲーター鉗子がほしい、とのことで、当院に余っていた鉗子を、送りました。(テキサスA&M大学) 何回か使ったので、中古品ですが、かなりひっ迫した様子でほしいと話すので[もうやだ~(悲しい顔)]
それだけ、多いのでしよう。
日本では、予防がいきわたっているので手術までという症例は、診なくなりました。
たまに、あっても ふとどきものの飼い主の犬のケースでは、手術を拒否されます[がく~(落胆した顔)]
先日、の講師も同じようにイベルメクチン耐性のフィラリアが出現している 広がってきているようで、ヨーロッパにも拡大しているようだ と言っていました。
となると日本は??

とりあえず、当院では イベルメクチン系は 中止いたしました。

現在 ミルベマイシン系、アベルメクチン系のみ 使用しています。

ついでに、猫のフィラリア予防ですが、 犬と違い HARDという 喘息様の呼吸器症状を予防するという観点から
6月からレボリューションの使用を推奨しています。
フィラリアの寄生を予防するだけなら、犬と同じ7月からで良いのでしょうが、病態がちょっと違いますので、ミルベマイシン、モキシデックではなくレボリューションの6月からの投与を推奨しています。
詳しくは、動物病院でお聞きください。
CIMG1160.JPG

当院で使用している フィラリア予防薬


フィラリア駆虫 [フィラリア]

あるホームページで、フィラリアの予防を毎年、注射で駆除したほうが安全で効果的だとか、今まで予防していなかった犬へ、予防をしてもなんら問題はない。と無駄な検査、予防薬で獣医は儲けていると書かれているのがありました。

なんとも まあ~ 仕方ないんですかね。ここまで言われても、確かにあまりにもとんでもない診断、治療というのがありますからね。
努力して、うまくゆかなかったとか誰が診ても判断が難しいとかいうレベル以前のことがありますから、信用、がたがたになって当然でしよう。
客観的に自分の治療、診断が本当にベストなのかと自問自答しながら日々、反省なんですけど、同じような間違いを繰り返すって、すごい精神力があると思いますね。
知識レベル、技術レベルをいかに上げるか、自分でできない治療は誰に頼むとベストか、治らない病気に対しては、精神面が重きになるのでしょうが、治せる病気に関しては、結局は結果が全てでしょうね。いいわけして傷をなめあうのも自由ですが、そういうことは飼い主にとっては、不要だと思いますが。

さて、フィラリアの駆除に関してですが、 

毎年、駆除をしていった場合は フィラリアの死骸にたいしての塞栓がおきてきて結局はフィラリア症による肺動脈塞栓症が問題となってきます。

感染していた犬を、そのまま予防し続けた場合は、以前書いたようにだらだら駆除するので、やはり肺動脈塞栓症が問題となってきます。

成虫を駆除することは危険かというと、感染数がすくなければ確かに安全です。
感染しているのを、駆除せずに予防することのほうがフィラリアの寄生を長引かせるので肺動脈の塞栓の危険が増します。

また肝臓の数値をみても、明らかなように成虫を駆除しますと高い値だったのがみるみる下がってきます。肝臓の数値が高いから肝臓の治療をして落ち着いてから駆除したほうが良いようにと思われますが、ALTが500以上あったのに駆除したとたん正常値へなったという例もあり、とっとと駆除するほうが体にとっては負担ではないようです。(昔は肝臓の数値が高ければ、肝臓を治療してからと考えていましたが、いくら駆除まえに肝臓の治療をしても下がらない犬に成虫駆除の注射をしたとたんあっという間に下がってしまいました。肝臓の数値が高いからといって駆除を躊躇する必要はなくかえって駆除したほうが良いということです。)
フィラリアが寄生しているとなんらかの影響が肝臓の数値をみてもでているということは生体にとって良くないということです。ですから感染しているのならまた数が少ないのなら、もちろんその犬の寿命も考慮して成虫を駆除してから予防するということが大原則です。

感染しているのにもかかわらず、予防だけするというのは、塞栓を少しずづ大きく育てていっているということです。
もちろん1匹、2匹の感染であれば被害は少ないかも知れません。(いっきに駆除したほうが、フィラリアが少しずつ死ぬ場合よりは塞栓を作りにくいようです。だからといって感染数が少ないうちに毎年、注射での駆除が安全で効果的ということにはならないのは、塞栓がまったくできないということにはならないからです。)
十数匹以上もしくはさらに多くなれば、被害は甚大です。

レボリューション、モキシデックなどのアベルメクチン系は成虫になんら影響がないので感染している犬へも安全に投与できるからといって、検査しなくても良いとはならないのは、検査で感染数を把握し、対応しない限り最小減の肺動脈塞栓でということにならないということです。  ばくちですね

沢山感染している場合は、手術でなるべく数を減らし、そしてとっとと成虫を注射で駆除し、さらにまだ残っているかもしれない成虫にイベルメクチン系でとどめを刺していくわけです。
すべて、肺動脈塞栓症の被害を最小減にするということが目的であって、別にべナケーバのように緊急でということが目的の方法ではありません。

毎年、ためて駆除していけば、(年2回で、過去に行われていた方法です。)結局 行き着く先は塞栓症

感染しているにも係わらず予防している場合も、塞栓症

時々、さぼる場合も 感染が成立すれば 塞栓症

どっちにしても、塞栓症が大きくなれば慢性の咳や心不全に悩まされるということに行き着きます。 (しかも、たいがい フィラリア陰性で) 解剖して始めて フィラリアによる病態と診断されるわけです。

(最近は、ほとんどありませんけどね 予防が浸透したからでしょうと思います)

フィラリアに感染したら、肺動脈塞栓症を最小減の被害にするにはどうすることが一番良いかということが、最大の目標です。 被害0とは虫のいい話です。

0の為には、きちんと毎年 予防することです。
予防を忘れたときは、祈る しかありませんね。
運だめしです。

CIMG0829.JPG
8㎏くらいのパグの肺動脈弓部に詰まっていた、巨大な肺動脈塞栓 

フィラリア予防薬 [フィラリア]

フィラリア予防薬が動物病院ではべらぼうに高く、個人輸入すれば安いという、うわさを聞いたので、実際どうなんだろうと調べてみました。

別に安くないじゃないですか!!

レボリューションなんか、小さい体重用ですと、*000円も、うちより高いわ
大きい体重用で、やっとどっこいどっこいで 手数料がかかるとすればその分うちのほうが安いですね

錠剤タイプだと、もうあきらかにネットのほうが高い!!

とある飼い主の方(東京?)のブログもヒットしたのでみてみますと個人輸入ができないと文句が書かれており、 動物病院のフィラリア予防代は目の仇のようにされていましたが、まわりの動物病院が高すぎるのか、しかし個人輸入にしても、やっぱり商売として利潤がなければなりたたないですから、こんなもんなんでしょうね。
まあ~、よく調べてみませんとね  この前もネットで買ったと言う人が損したといっていましたが、納得です。
(輸入代行業って、薬から利潤を得ていいんでしようか? 代行手数料なら解るのですがね そうわ書かれていませんからね 税込み、送料込み 振込み手数料となっていますが ???? 海外の仕入れ料金に手数料などでしたら、問題ないのでしょうが この値段から考えてみるとどうでしょうね?????うちより高いのですから だいぶ利潤がありそうですね となると 薬剤で利潤  問題になるのかな[信号]

確かに数年前までは、海外のほうが1/5の仕入れで、断然安かったですが、今はレボリューションなんかでしたら、日本が一番安いかも知れません。

CIMG0824.JPG
薬の買出しにハワイまでいっても、旅費が浮いた時代はとうの昔です。

昔のまま、料金設定しているとしたら、確かに割高かもしれませんね。

CIMG0825.JPG
(検査キット   フィラリア陰性でいいのかな?●が上にづれていて変ですね)

しかし、ネットがこの値段なら同じくらいまで値上げしてもいいのでしょうか?[爆弾]
う~ん どうしよう[わーい(嬉しい顔)]

5月17日 蚊を見ました [フィラリア]

5月17日 の夕方 コロナワールドの植え込みで、蚊を見ました。

蚊が出てきましたので、即 フィラリアに感染するというわけではありませんから、予防をしなくてはと誤解しないでください。 フィラリアに感染している犬の血を蚊が吸って、蚊の体内で2週間フィラリアが成長しなければ、感染力を持ちません、 ですから5月17日から14日後の5月30日にもっとも早く感染が成立すると仮定しますとそれから、50日後にフィラリア予防を開始すれば良いということになります。(フィラリアの予防薬は50日間隔で効果があるのですが、それでは忘れるということで、1ヵ月に1回というようになったのです)

つまり計算上は、7月19日(お! 海の日だ)に予防を開始すれば充分間に合うということになります。
(おそらく もっと遅くても、問題ないと思いますが)

心配であれば、7月1日からスタートしても良いでしょう。(おそらく 早い)
いずれにしても、4月、5月、6月は必要ないということです。(まったく、無駄です それよりダニの予防をしましょう)

結構な価格で予防薬が売られていますから、賢く 予防することが肝心かと思います。

自分達だけ得した、気分にならず。
恐怖を仰られて、無知につけこまれ いらぬ 出費を強いられている方に知らせてあげてくださいね。

真実を知れば、とっても損をしていたことに愕然とするでしょうが [がく~(落胆した顔)]

しかし、よくも 5月から推奨しますとか、根拠もなく[ビル]のホームページに書けるもんだよね
せこいやり方、詐欺にならんのかね (それとも無知なのか そんなことはないでしょうね だったら悪どい[ちっ(怒った顔)] )

獣医って不思議でしょ

CIMG0651.JPG
北里大[病院]で、診察したその日にフィラリアの摘出手術をし、その後 血栓症のため呼吸困難で当院へ来院し、やっとフィラリアを注射で駆除した犬へ イベルメクチン(フィラリア予防薬の一種)をミクロフィラリアの駆除の目的で投与したところ、過敏症から好酸球性皮膚炎をおこしたので、確定診断のために麻酔をして皮膚バイオプシーをしているところ(正当な理由でステロイドを使いたいから)

なかなか、フィラリアにかかると大変でしょう

フィラリア予防の季節がきました 今年も血液検査をしましょう [フィラリア]

5月、6月になると、フィラリアの予防がどこの動物病院でも始まります。

(当院は7月からですが、 青森では充分問題ありません、どうしても不安になるのでしたら6月から始められても良いでしょう  フィラリアの予防薬は感染した1ヵ月後に駆除する薬ですから 6月に始めれば5月の感染の分ですし、5月でしたらなんと4月の感染の分です 4月に感染があるとは、到底考えられませんから5月から予防する意味は全くありません。 5月に感染する可能性もほとんどないでしょうですから 7月からでいいのですが、どうしても不安なら、6月から5月にも感染があると仮定して駆除してみてはいかがでしょうか)

 フィラリアの予防の前には、血液検査で感染の有無を確認してから投薬を開始してください そうしなければ死に至ることもあります。

なんて、どこの動物病院でも、まず血液検査を薦めます。 はたして本当に必要でしょうか?

今まで、フィラリアの予防をしていなかった、犬は検査を受けて感染の有無を確認する必要があるでしょうが、 前の年 しっかり予防をしていた犬に検査の必要性があるでしょうか?
アメリカ犬糸状虫病学会 (アメリカ ハートワーム ソサヤティー)の指針に従えば、必要ないということになります。
どうしても、神経質な飼い主の場合は3年に1回検査をすれば良いというのがガイドラインになっています。
そらそうでしょう、フィラリアの予防薬をきちんとやっているのに検査が必要ということになれば、予防薬はいい加減なものと言うことになってしまいます。ですから、毎年検査をするということは、自分のとこでだしている予防薬は効果がないかもしれない、でもやっといたほうがいいよと言っているようなものです。 予防していればフィラリアは大丈夫と言われてませんか? 毎年フィラリアの検査をするってことは矛盾していることになりませんか? 予防薬をやっていて1%感染するかしないかというのが、ほぼ通説になっています。

つまり、しっかり予防を前年にやっていたならフィラリアの検査は必要ないんです。
(それに、フィラリアに本当にかかっているかどうかを血液検査だけに頼っていては、見落としてしまいます。
レントゲン検査、超音波検査、それと病歴から総合的に判断して、前年 予防をしていなかった犬は、必要なら、フィラリアの駆除をするべきです。 血液検査で抗体が 陰性だからといって予防薬を始めると齢をとってから突然、フィラリア症が発症することがあります。 正確には、フィラリアの後遺症とも言うべき肺動脈血栓塞栓症になってしまいます。 )


CIMG0741.JPG
3才から、フィラリア抗体は 陰性ということで毎年予防をきちんとしていた犬で16才の時、突然肺水腫を起こし死亡した犬の 肺動脈につまったフィラリアの死骸に起因する血栓

健康診断も兼ねてという、獣医師もいますが血液検査だけで病気がひっかかりゃいいですがね 
うちの病院では定期的な健康診断の検査として腹部超音波検査をしていますが、血液検査には異常がないのに、超音波検査で肝臓癌が発見されて手術したという例もあります。

だから、健康診断として血液検査だけというのもあまり意味がないと言うことになってしまいます。

だいたい、ハートワーム ソサヤティーの指針に逆らって、毎年 フィラリアの血液検査をするのも、どうかと思いますが。

青森でのフィラリアの予防は5月からを推奨します!? [フィラリア]

この季節になりますと、毎年不思議に思うことがあるのですが それは4月、5月のこの寒い時期の青森でフィラリアの予防を始めている方がいるということです。
そういった人が当院へ転院してくるので、何で?と聞いてみると なんと前の(青森市内)動物病院では5月、4月からのフィラリア予防を推奨されたからだと言うんです。
びっくりです。 何を根拠に5月や4月からこの寒い青森でフィラリア予防を推奨するのか、その科学的データーはどこにあるのでしょうか?
一般的にはHDUという気温を基にして、フィラリアの感染時期を推定して いつからというよう予防期間を推奨するものですが、まだ蚊がいるかいないかの時期にしかも青森よりはるか南の東京でさえ、6月からと言われているのに、その5月、4月からを推奨している動物病院の周りだけは頭の中も含めて局地的亜熱帯地方なのでしょうか?

まか不思議な状況です。

画像1.jpg


上の表をクリックして大きくして見て頂ければ、青森でのフィラリアの感染は6月末から10月中旬頃だと考えられるので、7月末から11月中旬まで予防をすれば良いという推奨が根拠(エビデンス)にもとずいた予防期間ということになるのでしょう。

まあ早くから、やられてもいいですが、早く終わらないようにしてほいものです。
値段の高い 虫下し というところでしょうか? レボリューションならノミの予防にもなるから、まあ~いいのかも知れません
トラックバック(0) 
フィラリア ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。